公式に公開済みの自作WordPressプラグインを更新(アップデート)する手順

WordPressのプラグイン公式リポジトリはsvnで管理されていますが、更新方法をすぐ忘れるので備忘録。

該当プラグインの公開が済んでいる状態からバージョンアップする、という場面のお話です。

チェックアウトする

ローカルにリポジトリが残ってない場合はまずリモートから落としてきます。残ってる場合は必要ありません。

まずはローカルに場所を作成し移動。/your-plugin/は、分かりやすく公開しているプラグイン名と同じにしておきましょう。

mkdir ~/path/to/your-plugin/
cd ~/path/to/your-plugin/

リモートからリポジトリをチェックアウト。co はCheck Out。最後のドットは現在のディレクトリにチェックアウトする、の意。

your-plugin はご自身の公開してるプラグイン名に置き換えてください。

svn co https://plugins.svn.wordpress.org/your-plugin/ .

こんな感じ↓でチェックアウトできたらok!

ファイルやフォルダを追加する

ファイルを追加したら、add します。nameはフォルダやファイルのパス。

svn add name

ファイルやフォルダを削除する

不要なファイルはFinder上ではなくコマンドで消さないと、リモート側に残ります。たぶん。

svn remove name

変更状況を確認する

ファイルの追加・編集・削除の状況を調べるには以下のコマンドで。

svn status
  • A: 追加(Add)
  • M: 変更(Modify)
  • D: 削除(Delete)

プラグインを更新する

当然ですが、プラグイン(trunk 以下)の修正を行います。必要があればassetsも更新しましょう。

忘れずにやる!

プラグインのメインファイル上部に記載するコメント内のバージョン名を必ず更新しましょう。


/*
Plugin Name: WP Thumbnail Linkbox Shortcode
~
~
Version: 0.1.4
~
~
*/

最後に、readme.txtを更新します。

ファイルの更新が終わったら update コマンド打ちます。以下は全てのファイルを対象とする場合。個別ならupdateの後にpathを記述。

svn update

アップロードする

アップロードは commitコマンドで。-m のコメントが必須です。バージョン名でも入れておきます。

svn commit -m 'v0.1.4'

WordPress.orgのアカウント名やパスワードを聞かれたら答えましょう。

Authentication realm:  Use your WordPress.org login
Username: your-name
Password for 'your-name': ****

コミット完了です。

Committed revision 0123456.

しばらく待つと、アップデートが反映され、メールで通知が来ます。

公開済みのWordPressプラグインの更新作業は以上です。お疲れさまでした(˙º̬˙)

この記事が気に入ったら、シェアしよう