カテゴリ - Web制作

e-JOINT.jp

WordPress moreタグ前までを表示させる

e-JOINT.jp

Windows7 XAMPP 複数ドメイン バーチャルホストの設定

ドキュメントルート: C:/xampp/htdocs/mysitesroot
URI: http://mysites

を作成するためのサンプルです。

1. httpd-vhosts.confを開く

C:\xampp\apache\conf\extra\httpd-vhosts.conf

2. ##NameVirtualHost *:80 で検索し、##をはずす

##コメントはずす
NameVirtualHost *:80

3. 一番下に下記を追記して保存


    DocumentRoot "C:/xampp/htdocs/mysitesroot"
    ServerName mysites

4. Hostsファイルを開く

C:\Windows\System32\drivers\etc\hosts

5. 一番下の 1 127.0.0.1 localhost の下に 127.0.0.1 mysites を追記して保存

127.0.0.1 localhost
127.0.0.1 mysites

6. Apacheを再起動

e-JOINT.jp

PHP DateInterval オブジェクトの引数(間隔指示子)の書き方

↓こういうやつの書き方。すぐ忘れるのでメモ

PT10S

決まりごと

  • 最初は必ずPで始まる(Periodの意)
  • 整数の後に間隔指示子(下記)をつけて並べる
  • 時間(時、分、秒)の前にTをつける

DateInterval(‘P◯Y◯M◯D(W)T◯H◯M◯S’)

間隔指示子

Y
M
D
W 週(Dに変換される。よってDとの併用不可)
H 時間
M
S

1ヶ月と3日 P1Y3D
5日と10時間 P5DT10H
e-JOINT.jp

PHP 正の整数かどうかチェックする

ctype_digit(strval($input))
e-JOINT.jp

PHP DateTimeクラスのこと

$date = new DateTime('NOW', new DateTimeZone('Asia/Tokyo'));
echo $date->format('Y-m-d H:i:s');
e-JOINT.jp

jQuery2 toggle()の代替方法

e-JOINT.jp

Codeigniter2 最初にやること

index.phpを除去する

.htaccessを作成しドキュメントルートに置き、下記を記述

RewriteEngine on
RewriteCond $1 !^(index\.php|css|images|user_guide_ja|robots\.txt)
RewriteRule ^(.*)$ /index.php/$1 [L]

2行目は除外するもんを追加

encryption keyを設定

application/config/config.php内

$config['encryption_key'] = 'ここに32文字の任意の文字列';

index_pageをなしにする

同じく application/config/config.php内

$config['index_page'] = '';

デフォルトのコントローラーを設定

config/route.php内 ‘welcome’を任意のコントローラー名に変更

$route['default_controller'] = "welcome";

ヘルパーの自動ロード設定

application/config/autoload.php内

helperに urlを追加しとくと便利。

$autoload['helper'] = array('url');
e-JOINT.jp

PHP isset, empty, is_null 違い

if($var) isset empty is_null
$var=1 TRUE TRUE FALSE FALSE
$var=””; FALSE TRUE TRUE FALSE
$var=”0″; FALSE TRUE TRUE FALSE
$var=0; FALSE TRUE TRUE FALSE
$var=NULL; FALSE FALSE TRUE TRUE
$var FALSE FALSE TRUE TRUE
$var=array() FALSE TRUE TRUE FALSE
$var=array(1) TRUE TRUE FALSE FALSE
e-JOINT.jp

WordPress CSS, Javascriptを一元管理する方法

e-JOINT.jp

Codeigniter 検索キーワードをURIセグメントに含める設定

$config['permitted_uri_chars'] = '一-龠ぁ-んァ-ヴーa-zA-Z0-9a-z 0-9~%.:_-';