CocoaPodsをプロジェクトから完全に削除する方法

2018-02-26

CocoaPodsからCarthageに移行した際に、CocoaPodsを完全に削除した方法のメモ。

はじめに、Xcodeは閉じておきましょう。

まずはプロジェクトフォルダに移動します。my-projectの部分はご自身のプロジェクトフォルダ名に入れ替えてください。

cd /path/to/my-project/

CocoaPodsに関連するファイルやフォルダを削除します。

Finderから手動で削除してもOKです。 my-projectの部分はご自身のプロジェクトフォルダ名に入れ替えてください。

  • Podfile
  • Podfile.lock
  • Pods/
  • my-project.xcworkspace

ターミナルから削除する場合は↓。


rm Podfile
rm Podfile.lock
rm -rf Pods
rm -rf my-project.xcworkspace

次に、my-project.xcodeproj からプロジェクトをXcodeで開きます。

open my-project.xcodeproj

なんかエラーが出るかもしれませんが、ひとまず無視。

ファイルインスペクタ(一番左のファイルが並んでるエリア)から以下のCocoaPodsに関連するリンク切れの赤いファイルを削除します。

  • Pods/
  • Frameworks/Pods_my-project.framework

ここで、一度ビルドします。command + B でビルドできます。

たぶん、ソッコーで下のようなエラーが出ます。

これらを解決すれば、CocoaPodsのアンインストールは完了です。もう少し!

Targets > Build Phaseで、以下の3つを削除します。

  • [CP] Check Pods Manifest.lock
  • [CP] Embed Pods Frameworks
  • [CP] Copy Pods Resources

↓の画像は「[CP] Embed Pods Frameworks」をマークしれ忘れましたが、これも消してください。

さて、以上でCocoaPodsのアンインストールは完了!お疲れさまでした。

でも、import ○○ など使っていたライブラリ関連の記述が残っているとエラーを吐きます。当たり前ですが。

Carthageなどに移行する場合は、該当ライブラリをインストールしてから再度ビルドをお試しください。

参考文献